メニュー
【2024/6】12年目突入キャンペーン 【PayPayキャンペーン】6/21〜8/9

寝違え

肩こり

寝違えは、睡眠中に首や肩の筋肉が異常な位置に収縮し、朝起きた際に生じる痛みやこわばりの状態を指します。この現象は突然訪れ、その不快な感覚によって日常生活が制約されることがあります。

目次

寝違えとは

寝違えは正式名称「急性疼痛性頸部拘縮」と言い、首の筋肉が異常収縮することによって起こる運動制限やそれに伴う痛みを指します。

寝違えは一時的の症状ではありますが、数日から数ヶ月継続することもあります。

この状態はギックリ腰と似ており、腰に発症したものがギックリ腰、首に発症したものが寝違え、同様の症状は背中にも発生します。

寝違えの主な原因

寝返り不足

寝違えの主な原因は、筋肉や関節の異常な収縮や緊張です。
本来しているはずの寝返りが何らかの理由でできなかった場合、首や肩の筋肉が固まったままになり、朝起きたときに痛みを感じることがあります。

寝返りを阻害する因子として、合わない枕の使用や、家族やペットと同じ布団で寝ているために寝返りできるスペースがないことなども挙げられます。

  • 枕の高さ・硬さが不適合
  • 寝返りできるスペースの不足

自律神経の乱れ

ストレスや過度な疲労などにより自律神経が乱れていると、筋肉の緊張がうまく緩まず緊張状態が続いてしまうことがあります。
筋肉の部分的な過剰収縮により寝違えが現れることがあります。

寝違えの症状と特徴

寝違えの典型的な症状は、首の痛み・運動制限です。
朝目覚めた際に、首を動かすことや肩を回すことが難しく感じることがあります。さらに、筋肉が固まったような状態となり、上下を向いたり後ろを振り向く動きが制限されます。
一般的に寝違えは一時的な症状ですが、長引く場合は医師の診断が必要です。

  • 首を動かすときの痛み
  • 肩の筋肉のこわばり
  • 首の一方向への制限された動き
  • 頭を傾けたり回したりするのが難しい

当店では

急性期が過ぎてから施術をおこないます。

当日など症状の強い急性期は安静に

寝違えた当日などは急性期の症状として炎症が表れます。
急性期は刺激を加えることで悪化する場合もありますので、痛みのピークが収まるまで安静にするか、医療機関を受診しましょう。

マッサージ

  • 首・頭・肩・腕の筋肉をゆるめます。

ストレッチ

  • 首の筋肉をストレッチします。
頚部筋肉

筋膜リリース

  • かっさ・カッピングで筋膜をゆるめます。
IASTM
医療用ステンレスかっさ
カッピング
プラスチックカッピング
カッピング
シリコンカッピング
目次