【オプションコース】脚スッキリ! リフレクソロジーコース 40分3,500円

浮指は重心の位置をくるぶしの下へ修正しよう

重心をくるぶしの下(靴ひもの結び目の下)にすればOK

浮指とは、足の指が床から浮いて床につかない状態です。
立った姿勢では、安定のため前重心となるので指は床についています。

足の指を握る力が弱い+前重心のため、ふくらはぎ・前ももの筋肉を使い過ぎて張りやすくなります。

浮き指のイラスト

浮き指のチェック

1.立ち姿勢で、内くるぶしの下(靴ひもの結び目の下)に重心をおきます。
指が浮いてしまったら「浮き指」です。バランスを崩し、後ろに倒れそうになります。

2.イスに座り、足指が浮いていれば 「浮き指」です。

前重心はズレた積み木と同じ

前重心はズレた積み木と同じです。前後からのサポートがなければ容易に崩れてしまいます。

そのサポートは動作の際にさらに必要になり、結果としてふくらはぎ(下腿三頭筋・後脛骨筋)・前ももの筋肉(大腿四頭筋筋)に過剰な負担がかかってしまうため脚が太くなります。

また、骨盤が前方へスライドしのけぞった状態となる”スウェイバック姿勢”になりやすくなります。

前重心によりむくらはぎと前ももの負担増加のイラスト
前重心は「ふくらはぎ」「前もも」に負担がかかる

重心を「靴ひもの結び目の下」にもってこよう

重心が内くるぶしの下にくると骨の上に骨が乗るので余計な力を使わずに済み、立ち姿勢が安定します。

” 内くるぶしの下 ”が意識しにくい場合、”靴ひもの結び目の下”と考えるとイメージしやすいかと思います。

何気なく立っているときなど重心の位置を”靴ひもの結び目の下”に意識しましょう。

まとめ

  • 浮き指の原因は指の筋力不足
  • 指の筋力がないから重心が前にいってしまう
  • 浮き指は脚が太くなる
  • 浮き指を直すには重心を「靴ひもの結び目の下」にする