PayPay最大1,000円相当 20%戻ってくるキャンペーン(~11/28)   毎週金曜は楽天PAYキャンペーン(~9/24)   キャッシュレス決済対応    LINEでも予約ができます

浮指の改善方法

重心を靴ひもの結び目の下にすればOK

浮指とは、立った状態で足の指が床から浮いてしまった状態です。

足の指を握る力が弱く(グーができない)、重心が前にいきすぎているため、ふくらはぎ・前ももの筋肉を使い過ぎでしまうため脚が太くなります。

浮き指

浮き指のチェック

普通に立ち、靴ひもの結び目の下に重心をおきます。

指が浮いてしまったら「浮き指」です。

前重心は脚が太くなる

前重心のクセがあると、ふくらはぎ(下腿三頭筋・後脛骨筋)・前ももの筋肉(大腿四頭筋筋)に過剰な負担がかかってしまい、脚が太くなります。

前重心は脚が太くなる

重心を「靴ひもの結び目の下」にもってこよう

重心がくるぶしの下にくると立ち姿勢が安定し、余計な力を使わずに済むので脚が過剰に太くなったりすることはありません。

何気なく立っているときなど意識しましょう。

まとめ

  • 浮き指の原因は指の筋力不足
  • 浮き指は脚が太くなる
  • 浮き指を直すには重心を「靴ひもの結び目の下」にする