PayPay最大1,000円相当 20%戻ってくるキャンペーン(~11/28)   毎週金曜は楽天PAYキャンペーン(~9/24)   キャッシュレス決済対応    LINEでも予約ができます

反り腰(下位交差症候群)

特徴

腰椎の反りが強まり骨盤が前傾した姿勢

・背骨1つ1つの柔軟性が低く、分離運動ができない

・硬い筋肉と弱い筋肉が骨盤を中心に交差状

・反り腰とは別名”下位交差症候群(Lower Crossed Syndrome)”

下位交差症候群

腰を中心として硬い筋肉と弱い筋肉が交差状なので ”下位交差症候群” と呼ばれています。
腹部と股関節の骨格筋のバランスが崩れた状態です。
下位交差症候群
X脚やXO脚、ひざの不調も伴いやすい

原因

・おしりが弱い→股関節が常に軽く曲がった状態→腸腰筋が緊張状態→腸腰筋と腹筋が綱引き状態で腹筋の負け→骨盤が前傾→腰が反る

・脊柱起立筋・腸腰筋・大腿直筋・大腿筋膜張筋・股関節内転筋群が硬い

・腹筋群・中殿筋・ハムストリングスの筋力不足

反り腰による影響

・中殿筋が弱く内転筋が慢性的に緊張状態のため、X脚・XO脚・膝の痛みを誘発

・骨盤が前傾しているのでバランスを取るために猫背を併発

対策

骨盤と背骨の分離運動+おしりともも裏の強化

中殿筋の強化

ゴムバンド横歩き

まとめ

反り腰の原因と影響は多岐にわたります。直すにはやることも増えてしまうので、重要度の高いものを対策欄にご紹介しました。

背骨と骨盤の分離運動ができないと、腹筋強化・ストレッチなどのエクササイズはエラーが出てしまいます。

反り腰でお悩みの方はそのようなエクササイズも段階的にお伝えしていきますのでご相談ください。