PayPay最大1,000円相当 20%戻ってくるキャンペーン(~11/28)   毎週金曜は楽天PAYキャンペーン(~9/24)   キャッシュレス決済対応    LINEでも予約ができます

けんすいで肩こり解消

なぜけんすいで肩こりが解消するのか

猫背・巻き肩の姿勢の原因の1つとして「僧帽筋(下部)と大菱形筋の弱化」があります。

この2つの筋肉を強化するエクササイズに「けんすい」が有効です。

つまり、けんすいで背中の筋肉を鍛えれば猫背・巻き肩姿勢が直るので肩こりしにくくなります。

肩甲骨同士が開くと巻き肩に

巻き肩というのは、定位置より肩甲骨が開いている状態です。

肩甲骨外転

肩甲骨同士を寄せる筋肉

僧帽筋(下部)と大菱形筋 はこの位置にあり、この筋肉が働いていないため肩甲骨同士が開いてしまい、猫背・巻き肩を引き起こします。

僧帽筋と大菱形筋

僧帽筋は「内転=肩甲骨を寄せる」働きがあり、大菱形筋は「下方回旋=肩甲骨の下側を寄せる」働きをします。

肩甲骨を寄せる動作

けんすい(ワイドチンニング)

バーを肩幅より広いグリップで握り、肩甲骨同士を寄せる意識をしながら引き上げます。

ワイドチンニング

懸垂 マシン コンパクト 懸垂 バー 懸垂器具 【新店割引セール】 ネジ不要 耐荷重200kg 安全ロック付き 滑り止め チンニングバー ドアジム 突っ張り棒 室内用 腹筋トレーニング どこでも懸垂 特許滑り止め装置 74~95cm 【送料無料】

価格:2,880円
(2021/8/26 11:30時点)

ジムにある「ラットプルダウン」のマシンなら強度の調整ができます。
マシンでもコツは同じで、肩甲骨同士を寄せる意識でやりましょう。

まとめ

  • 肩甲骨を寄せる筋肉:僧帽筋(下部)と大菱形筋が弱いため猫背・巻き肩になる
  • 猫背・巻き肩は肩こりの原因
  • 僧帽筋(下部)と大菱形筋の強化にはけんすい(ワイドチンニング)が有効
  • 肩甲骨同士を寄せる意識
  • 代替トレーニングとしてラットプルダウン