【外壁工事中】9/2~9/28までご了承ください 【春日部市プレミアム付商品券使えます】

股関節のつまり感の原因はおしりの筋肉の硬さ

2.内側に原因があるケース

ももの内側が硬いと、もも上げの際に脚が開いていってしまいます。

つまるような違和感のほか、筋肉が縮んだ際に発生する”短縮痛”を伴うことがあります。

股関節の内側にある筋肉

股関節の内側にある筋肉を総称して”股関節内転筋群”といいます。

股関節内転筋群のイラスト

股関節内転筋群のストレッチ”壁を利用した仰向け開脚”

壁際で脚の重みを利用し、内転筋群をまとめてストレッチします。

股関節内転筋ストレッチ体勢の写真
仰向けで開脚

そのまま脚全体を内回り→外回りへひねってみましょう。伸ばされるポイントが変化します。

開脚しながら足首をひねるイラスト
さらに足首をひねりまんべんなくストレッチ

まとめ

症状は前側でも、原因は後ろ側や内側にある場合があります。
これらのストレッチをどちらか、あるいは両方おこなうと股関節のつまり感は減っているはずです。
「身体が硬すぎてこんなストレッチできません」という方でも徐々にできるようになってきますので、痛みの出ない範囲で続けましょう。