PayPay最大1,000円相当 20%戻ってくるキャンペーン(~11/28)   毎週金曜は楽天PAYキャンペーン(~9/24)   キャッシュレス決済対応    LINEでも予約ができます

ブログ

  • 2021-08-17

孫にタックルされ発生した急性腰痛への筋膜リリース

60代男性。 前日、孫に死角からタックルされ、急性腰痛発症。 【自覚症状】 「何をしていても腰が痛む」 【他覚症状】 部位:左腰背部 深呼吸痛 左回旋痛・左右側屈痛 【施術】 IASTMを使用し、肩上部~腰部を筋膜リリース。 【結果】 深呼吸痛:消失 回旋:正常 側屈:正常 1回の施術で症状が消失したので、幸いにも受傷した筋肉は表層のみだと思われる。 深層筋の受傷や捻挫の場合は安静が第一選択となる […]

  • 2021-08-31

テニス肘の治しかた

通称「テニス肘」、正式名称「外側上顆炎」は、手首の使いすぎで肘に痛みが出る症状です。 手首を動かす筋肉は肘から付着しているため、「原因は手首」「症状は肘」です。 原因となる動作 いずれも、「手首を起こす」という動作が入っています。 原因となる筋肉 手のひらを下向きにして上にくるのが外側です。 原因となる筋肉は複数あり、いずれも肘の外側から爪の付け根まで伸びています。 この筋肉を「前腕伸筋群」といい […]

  • 2021-08-17

ギックリ腰

「急性腰痛」とも言い、海外では「Hexenschuss=魔女の一撃」という表現があるほどの突然の激痛を指します。 しかし、程度により「全く動けない」「特定の姿勢・動作ができない」「痛むが動ける」など差があります。 また、症状のピークが数日後に表れる場合もあります。 ギックリ腰の原因は「疲労の蓄積」が多い 筋肉が原因のギックリ腰は「疲労が蓄積した結果起こった急性症状」です。 疲労がどんどん蓄積し続け […]

  • 2021-08-19

足首のゆがみ 回内足と回外足

かかとの骨が傾くと足首はゆがむ かかとの骨が内側方向に傾くと回内足(over pronation)、かかとの骨がが外側に傾くと回外足(spination)といいます。かかとが傾いた状態は積み木の最下段が傾いているのと同じです。バランスをとろうとして他の部分に負担がかかり、外反母趾・変形性膝関節症・O脚・X脚・腰痛・肩こりなど、影響が出ます。 かかとの骨が内側にかたむくと”回内足” 回内足(over […]

  • 2021-08-31

肩こりの原因は食いしばり

食いしばりが肩こりにつながる 噛む力が首にかかるため、首の痛み・肩こりの原因になります。食いしばりだけでなく、口を閉じているときに上下の歯が少し接触しているだけでも影響します。 あごから全身に影響 噛む筋肉はあご周辺~側頭部にあるため、左右の噛みグセによりあごが引っ張られて顔がゆがむ・顎関節症を始めとしたあごの痛み・側頭部の緊張性頭痛・エラが張る、などの噛む筋肉に直結した症状も出ますが、首・肩まわ […]

  • 2021-08-08

フラットバック姿勢

特徴 ・背骨(腰椎)がまっすぐ(壁に背をつけて立ったとき、壁と腰の間の隙間が手のひら1枚分以下) ・頭が前へ出ている ・骨盤が後傾(後ろに倒れ気味) ・おしりが垂れ下がって見える 原因 ・背骨周辺の筋力が弱い ・背骨自体の可動性が乏しい ・腸腰筋が弱い ・腹筋腹直筋、もも裏(ハムストリングス)が硬い 影響 ・骨盤が後傾しているのでバランスを取るために背中が丸くなり、猫背を併発していることがほとんど […]

  • 2021-08-06

反り腰(下位交差症候群)

特徴 ・腰椎の反りが強まり骨盤が前傾した姿勢 ・背骨1つ1つの柔軟性が低く、分離運動ができない ・硬い筋肉と弱い筋肉が骨盤を中心に交差状 ・反り腰とは別名”下位交差症候群(Lower Crossed Syndrome)” 下位交差症候群 腰を中心として硬い筋肉と弱い筋肉が交差状なので ”下位交差症候群” と呼ばれています。 腹部と股関節の骨格筋のバランスが崩れた状態です。 原因 ・おしりが弱い→股 […]

  • 2021-08-06

猫背(上位交差症候群/頭部前方変位)

特徴 ・猫背は別名 ”上位交差症候群” ”頭部前方変位” とも言われている ・”頭部前方変位”の名が表すように、頭が前へ出ている ・首の前側の筋力が弱いので二重顎になりやすい ・緊張性頭痛の原因になりうる 上位交差症候群 肩を中心として硬い筋肉と弱い筋肉が交差状なので ”上位交差症候群” と呼ばれています。 首と背中の骨格筋のバランスが崩れた状態です。 原因 ・【胸の筋肉】と【首~肩の筋肉】が硬い […]

  • 2021-08-06

日本人に多いスウェイバック姿勢

スウェイバック姿勢とは 骨盤が前方へ移動し、のけぞった状態を「スウェイバック姿勢」といい、日本人の70%以上がこの姿勢と言われています。また、のけぞったままではバランスが取れないため、猫背も伴いやすいという特徴があります。 特徴 ・日本人の70%以上がこの姿勢 ・骨盤が肋骨より前へ出ている(リブフレア) ・バランスを取ろうとして猫背も伴いやすい ・抱っこの際に骨盤に赤ちゃんを乗せるため産後の女性が […]